マニュアル

グーペの設定や操作方法のマニュアルです。困った時にお役立てください。

Outlook2016の設定方法

設定手順

 

1.アカウントの追加を押下してください

 

2.メールアドレスを入力して、詳細オプションをクリック

 

3.「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れて【接続】をクリック

4.POPをクリック

5.メール情報を入力して【接続】をクリック

・基本設定>メールアドレス

において、メールアドレスとパスワードを確認しておきます。

 

  • 受信メールサーバー:POPを利用する場合
    サーバー: [pop.goope.jp]を入力します。
    ポート:995
    このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要にチェックを入れる
  • 受信メールサーバー:IMAPを利用する場合
    サーバー: [imap.goope.jp]を入力します。
    ポート:993
    このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要にチェックを入れる
  • 送信メール
    サーバー: [smtp.goope.jp]を入力します。
    ポート:465
    暗号化方法:【SSL/TLS】を選択

 

6.アカウントの設定

 

SMTP-AUTHの設定

『送信サーバー』タブを選択し、下記のようにチェックを入れます。

  • 送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)
    • チェックします。
  • 受信メールサーバーと同じ設定を利用する(U)
    • 選択します。

SSLの設定

SSLを使用すると通信を暗号化することができます。下記の『詳細設定』のタブを選択し、設定画面を開きます。下記のように設定できたら『OK』をクリックします

    • 受信サーバー(POP3)(I)
      • 『995』を入力します。
    • このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E)
      • チェックを入れます。
    • 送信サーバー(SMTP)(O)
      • 『465』を入力します。 
        メール送信サーバーのSMTPポート番号が25番の場合、メールの送信ができません。
        ポート番号は465に設定をお願いします。
    • 使用する暗号化接続の種類(C)
      • 『SSL』を選択します。
    • サーバーにメッセージのコピーを置く(L)
      • お好みで設定いただけます。複数のメールソフトで同じメールアドレスを受信される場合などは、チェックされることをお勧めします。
    • サーバーから削除する(R)
      • コピーを何日後に消すかを設定できます。
      • チェックを外すと、削除されません。
      • ※カラーミーショップのディスク容量には受信メールも含まれますので、一定期間後に「サーバーから削除する」設定をおすすめします。

    『POP と IMAP のアカウント設定』画面に戻り、『次へ(N)>』をクリックします。

アカウント設定のテスト

アカウント設定が正しいか動作テストが行われます。問題がない場合は、『閉じる(C)』をクリックして、テストを終了します。

エラーが出た場合は、【POP と IMAP のアカウント設定】の設定をもう一度確認してください。

7.セットアップの完了

以上で設定は終わりです、『完了』ボタンをクリックします。

「Outlook2016の設定方法」に関する他のマニュアル
マニュアルトップへ

管理画面マニュアル

iOSアプリ
初期設定
管理画面について
ホームページ設定
コンテンツの管理と更新
ご契約関連
独自ドメイン
メール設定
デザイン・カスタマイズ
スマートフォンの設定
ソーシャルサービス連携
困ったときは

お申し込みマニュアル

お支払いマニュアル