ホームページ作成「グーペ」 トップ » ホームページ作成お役立ち記事» SEO対策» SSL対応によるホームページのhttps化とは?
  • カテゴリー: SEO対策
  • 2019年6月10日 月曜日

SSL対応によるホームページのhttps化とは?

最近、URLのhttpの部分が『https』になっているものをよく見かけると思います。
これは SSL対応をしたWebサイトである という意味を持つのですが、SSL対応とは実際にどのようなことなのでしょうか。詳しく紹介します。


SSLとは

個人情報などを扱うホームページなどでSSLという言葉をよく聞きます。
それではSSLはどのような意味なのでしょうか。

▼SSLの意味

SSLは「Secure Sockets Layer」を略したもので、 第三者に個人情報を見られないように、また改ざんやなりすましといった被害から守るためにあるもの です。
入力した個人情報を暗号化することにより、仮に盗聴されたとしても内容がわからないようにします。

▼SSLのメリット

最近ではオンラインショッピングや旅行の予約、銀行のオンライン決済などオンライン上にクレジットカードなどの情報を入力することが多くなりました。
そのため入力した方との 通信を暗号化することにより、第三者がこの情報を見ても暗号化されているため解読できないようになっています。

▼SSLのデメリット

SSL対応のページはURLが『https』になっている必要がある、読み込みリソースも『https』に対応してないといけないなどのルールがあります。
これらができていないと、「この接続は安全ではありません」と表示されてしまい、見ている人にとって不安感が高まってしまいます。

SSLとhttps

鍵

▼httpsとhttpの違い

URL欄を見ていただくと、『http』で始まっているものと『https』で始まっているものがあります。
この違いは個人情報などのデータを入力し、送信する時の方法が異なるという意味があります。

『http』は平文で送るため、もし仮に第三者がなんらかの形で情報を得てしまうと、情報が洩れることになります。
しかし 『https』の場合は送信する時に暗号化をするため、第三者がその情報を得たとしても、読み取ることができない ようになっています。
個人情報を守ることが大切な現在において、ホームページを作る上で大切な要素となります。

URLの始めが 『https』から始まっているということは、SSLで暗号化されているという意味なので、問い合わせフォームなどに入力をする時も安心 して行うことができます。
逆に 『http』から始まるURLのサイトは、セキュリティ面で心配が残るので個人情報の入力はなるべくしない方が良い でしょう。

▼ホームページを作る立場として

SSL対応にするには無料のものから多少予算がかかるものまでありますが、ホームページを見ていただく方の情報を守るためのおもてなし といえるでしょう。
せっかくホームページの内容や、扱っているサービスや商品を気に入っていただいても、いざクレジットカードなどの個人情報を入力するときにSSL対応をしていないと不安になります。

お客様のことを考え、SSL導入をご検討いただくと良い でしょう。

「グーペ」のSSLオプション

それではSSL対応をしたいと思った時に、どのようにすれば良いのでしょうか。
初心者の方におすすめなのは、SSLオプションなど簡単に設定できる機能が用意されたホームページ作成ツールを利用することです。

「グーペ」でもSSLオプションをご用意しており、難しい設定や知識は全く不要です。
契約内容の確認からSSL設定へと進んで、設定完了となります。
設定後、今作成しているホームページのURLが『https』から始まるものとなり、一番左に鍵マークがつきます。

一目で安心できるサイトだとわかるほか、SEO対策にもなる のです。
「グーペ」のSSLオプションは、無料SSLと有料SSLをご用意しており、大きな負担もなく、大きなメリットが得られることでしょう。
▶︎ホームページ作成・ホームページ制作サービス「グーペ」 – SSLオプション

グーペを試してみる方は、こちらからどうぞ。


その他の関連記事