ホームページ作成「グーペ」 トップ » ホームページ作成お役立ち記事» MEO対策» Instagramの新機能「地図」の検索方法、設定方法を解説!インスタ経由で...
  • カテゴリー: MEO対策
  • 2021年5月25日 火曜日

Instagramの新機能「地図」の検索方法、設定方法を解説!インスタ経由で店舗集客しよう

2021/06/01 更新

Instagramの新機能「地図」をご存知でしょうか。
「地図」はInstagramアプリ内から近隣の飲食店や美容院、ホテルなどを検索できる機能です。 現在一部のアカウントで機能テストをしている状況で、段階的に機能を開放していくと思われます。
今回はInstagram「地図」機能について、検索方法やGoogleマップとの違いについてご案内します。



Instagramの新機能「地図」とは – Googleマップとどう違う?実際に触ってみた感想

「地図」はInstagramアプリ内から近隣の飲食店や美容院、ホテルなどが検索できる機能です。Googleマップの地図検索に似た特徴があります。
地図を表示すると周辺地域のスポットがサムネイル画像付きで表示されるため実店舗への集客効果が期待できます。
サムネイルをタップすると投稿した写真の一覧が表示されます。さらに写真をタップすると投稿者のアカウントに遷移してキャプションやコメントを見ることができます。顧客は地図機能を使って、お店の雰囲気や料理を調べたり、投稿者のコメント欄からクチコミを見るといった使い方ができます。

あなたのアカウントは実装済み?インスタの「地図」を確認しよう

Instagramの地図機能は現在テスト段階であり、2021年5月時点で一部のアカウントのみ利用できます。ご自身のアカウントに地図機能が実装されているか確認しましょう。

Instagramのアカウントを立ち上げて、画面下の虫眼鏡アイコンをタップします。
Instagram新機能 検索窓の下に『地図』があれば新機能が使えるアカウントです。表示されない場合は対応待ちとなります。Instagramのアカウントを複数お持ちであれば、アカウントを切替えて確認してみましょう。
Instagram地図 【2021年6月1日 追記】検索窓の右に地図アイコンが表示される場合もございます。アイコンをタップして地図を表示します。 Instagram地図

Instagramの「地図」を使ってお店を探す方法

「地図」をタップすると現在地の周辺スポットが表示されます。
グーペを運営するGMOペパボ株式会社がある渋谷セルリアンタワーで検索すると、地図上にレストランやカフェ、ライブハウスなどの店名が投稿者のサムネイル画像と共に表示されます。 Instagram新機能、地図の紹介 写真は投稿時に店舗の位置情報を入れたものが表示される仕組みです。右上の数字は周辺にあるスポットの数です。たとえばセルリアンタワーの場合は「3」となっていますが、画面をピンチアウトして拡大すると周辺の3つの店舗に対して投稿があるのがわかります。 Instagram新機能、地図の紹介 店舗名の横にある三点リーダー(・・・)をタップすると、iPhoneの場合は地図アプリやGoogleマップのアプリを立ち上げることができます。また住所をコピーしてメールやLINEで共有することもできます。 Instagram新機能、地図の紹介 その他に「情報を見る」から住所やホームページURL、電話番号などの店舗情報を確認したり、紙飛行機アイコンをタップしてフォロワーに情報を送ることができます。 Instagram新機能、地図の紹介 他の地域を検索する場合は、画面をスワイプして地図を動かします。検索したい地域に移動したら画面上部の『このエリアを検索』をタップします。 Instagram新機能、地図の紹介

Googleマップとの違いとInstagram「地図」を活用したほうが良い業種

GoogleマップやGoogle検索の対策としてローカルビジネス情報を管理しているオーナー様は、Googleマイビジネスとの違いが気になるかと思います。

Googleマップがあらゆる場所を詳細に検索できるのに対して、Instagramの「地図」は飲食店や美容室などの業種の検索に特化しています。

機能面の違いを上げると、Googleマップにはローカルガイドによるクチコミ機能があります。サービスの評価として、星(★)による採点表示に加えレビューコメントや写真を投稿することができます。また、店舗オーナーはGoogleマイビジネスを使ってクチコミの管理ができるのが特徴です。

Instagram「地図」は位置情報が入った投稿が表示される仕組みです。サービスの性質上、写真がメインとなるため、より気軽に投稿ができます。
Instagramの「地図」では、2021年5月時点で9つのカテゴリーがあり、目的に沿ったカテゴリーから店舗検索が可能です。
カテゴリーは「カフェ」「レストラン」「観光名所」「ホテル」「美容院」「ラーメン」「パン屋」「スイーツ」「バー」です。観光名所には「ライブハウス」「神社・仏閣」「ギャラリー」などが含まれています。
Instagram新機能、地図の紹介 上記のカテゴリーに含まれる店舗を運営されているオーナー様はとくにInstagramの活用を検討するのが良いでしょう。

Instagramの地図検索を使ってみた感想

地図をタップすると現時点のスポットが画像付きで表示されるため、視覚的に情報が伝わりやすいと感じました。 とくに地図上の画像に、シズル感のある美味しそうな料理やインスタ映えするスイーツの写真があると思わずタップしたくなります。
マップ上に表示される画像の条件は不明ですが、確認した限りですと人気投稿が優先的に表示されていると思われます。より詳細な情報を得たい場合は、ビジネス情報からホームページへアクセスしたり、地図アプリを立ち上げることができるので外出先でのお店選びに重宝しそうです。

Instagramのローカル検索強化に備えビジネスプロフィールに切り替えておこう

店舗のInstagramを利用していて、アカウントの種別を「ビジネスプロフィール」に切替えていないオーナー様は、この機会に実施しておきましょう。

かんたん便利!Instagramをビジネスプロフィールに切り替える方法

Instagramの地図機能が全ユーザーに公開されるのはこれからとなりますが、地図を使ったローカル検索は今後強化されるでしょう。今後Googleマイビジネスにあるような、投稿写真のカテゴリー分けやクチコミを管理する機能が追加される可能性もあります。地図機能が本格的に導入される前に、店舗のInstagramアカウントをビジネスプロフィールに切替えて正確な店舗情報を公開し、定期的に情報を発信していきましょう。

その他の関連記事