ホームページ作成「グーペ」 トップ » ホームページ作成お役立ち記事» ホームページ作成» 最大50万円もらえる!知って得する補助金制度「IT導入補助金」とは?

最大50万円もらえる!知って得する補助金制度「IT導入補助金」とは?

パソコンやインターネットが普及し、今では事業の効率化や拡大に貢献するITツールであふれています。集客に使えるホームページや、販売のためのネットショップ・会計管理ツールなど。しかし費用の面で、導入をみおくっている事業者も多いのではないでしょうか?

そこで今回ご紹介するのは「IT導入補助金制度」です。なんとこの制度を利用すると、ITツールの導入費用を最大で2分の1(※)補助してもらえるんです!
※2018年度IT導入補助金の補助率となります。年度によって補助率は変更になる場合があります。

今回は、知って得する「IT導入補助金制度」についてご紹介します。


「IT導入補助金制度」とは?

「IT導入補助金制度」とは、経済産業省が実施する 「サービス等生産性向上 IT導入支援事業」の通称です。
中小企業・小規模事業者などの課題やニーズに合ったITツールの導入にかかる経費を補助し、業務の効率化・売上アップを支援する制度です。

補助の対象者は?

補助の対象者は主に以下の通りです。

  • 中小企業・小規模事業者
  • 日本国内で事業を行っているもの
  • 風俗営業・性風俗関連特殊営業および接客業務受託営業を営む者でないもの

中小企業・小規模事業者であるかどうかは、資本金や従業員数によって判断されます。詳細については以下のページをご覧ください。

▽IT導入補助金 – 補助対象となる事業者
 https://www.it-hojo.jp/applicant/subsidized-works.html

補助額はいくら?

  • 補助率:最大2分の1
  • 補助額:15万円~50万円
    ※補助率、補助額は実施年度によって異なる場合があります。上記金額は2018年度IT導入補助金の情報になります。

たとえばネットショップの制作費に80万円かかるとします。しかしこの制度を利用すれば、最大で40万円の補助が受けられるため、実際の支払額は半分の40万円になるというわけです!

ITツールって何?

補助対象となるITツールは、ホームページネットショップ顧客管理・在庫管理・予約管理システムから、経理・人事労務などバックオフィスで役立つクラウドサービスなど非常に多岐に渡ります。
各種ITツールは「ITツール選定ナビ」で検索することができます。

▽IT導入補助金 – ITツール選定ナビ
 https://www.it-hojo.jp/applicant/navi.html

またサービスを提供している会社のホームページでも、IT導入補助金制度の募集ページを用意している場合があります。すでにサービスの目星をつけている場合は、事前に確認しておくとよいでしょう。

期間はいつまで?

2018年度のIT導入補助金は、三次公募まで募集があります。募集期間は以下の通りです。

  • 一次公募:2018年4月20日(金)~2018年6月4日(月)
  • 二次公募:2018年6月中旬~2018年8月上旬(予定)
  • 三次公募:2018年8月中旬~2018年10月上旬(予定)

現時点(2018/05/23)では未定となっている情報が多いので、IT導入補助金の公式ページをチェックするとよいでしょう。 またITツールによっては、定員に達し次第募集を終了する場合もあります。検討中の方は早めに応募することをおすすめします。

IT導入補助金を利用したい場合

それでは補助金制度を利用したい場合は、具体的にどうすればよいのでしょうか?まずは補助金制度を利用した場合の手順を確認しておきましょう。

利用までの大まかな流れ

  1. 利用するITツールを決定します
  2. ITツールの提供元とやり取りをし、作成内容を決めます
  3. ITツールの提供元を通して交付申請を出します
  4. 申請が通った(交付決定)後に、契約・発注・支払いを行います
  5. 納品が完了した後、ITツールの提供元が実績を報告します
  6. IT導入補助金の事務局へ補助金を請求すると、指定の口座に入金されます

申請はITツールの提供元を通して行うため、まずITツールの提供元に連絡をとる必要があります。「ITツール選定ナビ」を使用した場合でも、公式ページへ遷移し直接お問い合わせしましょう。

注意点

IT導入補助金制度を利用する上で、大事な点は主に以下の通りです。

  • 交付決定まで契約・作成はできません
  • 制作にかかる費用は一括全額払い、その後事務局から補助額が入金されます
  • 支払いは一括払いのみです

IT導入補助金のホームページの説明に目を通し、確認漏れのないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。事業に適したITツールを導入することで、生産性が向上し売上もアップするケースは多々あります。2018年度のIT導入補助金は三次公募まで募集を受け付ける予定です。ぜひこの機会に、補助金制度を利用されてはいかがでしょうか。

グーペでも二次公募にむけて「デザイン制作パッケージ」のお申し込みをスタートしました!ぜひ興味のある方は応募ページをチェックしてみてくださいね。お申し込みは定員に達し次第、予告なく終了いたしますので、あらかじめご注意ください。

グーペの応募ページはこちら

※本記事は、2018年度IT導入補助金の情報を元に執筆しています。年度によって募集内容や規定が変更される場合がございますので、ご注意ください。

その他の関連記事