ホームページ作成「グーペ」 トップ » ホームページ作成お役立ち記事» SNS活用» ツイート分析ツール「Twitterアナリティクス」の基本
  • カテゴリー: SNS活用
  • 2017年12月13日 水曜日

ツイート分析ツール「Twitterアナリティクス」の基本

ツイートを分析するツール「Twitterアナリティクス」をご存知ですか。
こちらは、Twitter社 公式のツールで、誰でも無料で利用できるものになります。

■ Twitterアナリティクス

例えば、「いいね」や「RT」などのリアクションがないツイートでも、 Twitterアナリティクス を使うとちゃんと見られていることがわかるので、Twitterを続けるモチベーションのアップにもつながります◎

ではさっそく、「Twitterアナリティクス」でどんなことがわかるのか? 一緒に見ていきましょう!
※本記事は、2017年12月時点の情報です。


Twitterアナリティクスでわかること

Twitterアナリティクスでわかる主なものをピックアップしてみました。

  • ツイートがTwitterユーザーに表示された回数(インプレッション)
  • リツイート、いいね、リンクのクリックといったアクションがあった回数(エンゲージメント)
  • 新しいフォロワー数、リプライ数などの集計

これらは、Twitterアナリティクスでなにがわかるのか? がイメージしやすいようにピックアップしたほんの一部です。
よりくわしく後述しているので、気になるものがあったら Twitterアナリティクスのメニューについて を読みすすめてみてください◎

Twitterアナリティクスを使う

「Twitterアナリティクス」は、PCとスマホによって次のように閲覧範囲が異なります。

  • 「ツイートアクティビティ(ツイート別の数値が見られる)」:PCでもスマホでも閲覧が可能
  • 「アナリティクス」:PCからのみ閲覧が可能

それぞれの見方をご説明します◎

▼ツイートアクティビティのアクセス方法

「ツイートアクティビティ」はPCからもスマホからも見ることができます。

《 PCの表示 》
ツイートの下に表示されるアイコンをクリック

PCから見たTwitterのツイートアクティビティアイコン

《 スマホの表示 》
こちらは、iPhoneからTwitter公式アプリにアクセスした時の画面です。
ツイートの右下に表示されているアイコンをクリックすると、そのツイートの「ツイートアクティビティ」を見ることができます。
※スマートフォンのブラウザ(Safari等)でアクセスした時も同様のアイコンが表示されています。

スマホアプリから見たTwitterのツイートアクティビティアイコン

▼アナリティクスのアクセス方法

「アナリティクス」は、PCからのみ見ることができます。

《 PCの表示 》
プロフィールアイコン をクリックするとメニューが表示されるので、アナリティクス を選択します。

PCから見たTwitterのメニュー

そのほか、「Twitterアナリティクス」のURLに直接アクセスいただくことでも可能です。

■ Twitterアナリティクス

続いて、各メニューや項目、数値の見方を解説していきます!

Twitterアナリティクスのメニューについて

▼ツイートアクティビティのメニュー

ツイートアクティビティ画面では、このようにツイートごとの数値が表示されます。

《 PCの表示 》

PCから見たTwitterのツイートアクティビティ画面

《 スマホの表示 》

スマホアプリから見たTwitterのツイートアクティビティ画面

【メニュー】

ツイートアクティビティの各メニューについて解説していきます。
スマホから見た画面では各メニューについてくわしく解説されています。

ツイートアクティビティの項目

PCの場合も同様です。

  • インプレッション…ユーザーがTwitterで見た回数
  • エンゲージメント総数…ユーザーが反応した回数(以下の総数)
エンゲージメント総数の内訳
リンクのクリック数リンクがクリックされた回数
メディアのエンゲージメント画像や動画などのメディアがクリックされた回数
詳細のクリック数詳細表示された回数
いいねいいねされた回数
プロフィールのクリック数名前、@ユーザー名、プロフィール画像がクリックされた回数
リツイートリツイートされた回数
▼アナリティクスのメニュー

続いて、Twitterアナリティクスの各メニューについて解説していきます。
PCからTwitterアナリティクスを見たとき、「ホーム/ツイート/オーディエンス/イベント/詳細」と5つのメニューがあります。
上から順番に紐解いていきましょう◎

ホーム】

過去28日間(2週間)の変動や月ごとの概要が見られるページです。
前週との変動具合がパーセンテージ表示されるので、ひと目でわかります。

Twitterアナリティクスの画面

各メニューが示す意味はツイートアクティビティとほぼ同じになります。
過去28日間(2週間)の数値は毎日変動するので、推移を見たい場合は毎日チェックするとよさそうです◎

ツイート数過去28日間(2週間)のツイート数
ツイートインプレッション表示回数のこと、ツイートを何回見てもらえたか?
エンゲージメントリツイート、いいね、リンクのクリックといったアクションがあった回数
プロフィールへのアクセスプロフィールページに何回アクセスがあったか
フォロワーフォロワーの増減

続いて、各月の集計結果がまとまっています。
こちらは、ツイートアクティビティにはなかった内容になります。
トップフォロワーは、ツイートをこのアカウントに拡散してもらえた場合の影響力など考慮するのに参考になりそうです。

トップツイートもっともインプレッションが多かったツイート
トップのメディアツイート画像や動画などのメディアのあるツイートをした中で、もっともインプレッションが多かったツイート
トップフォロワーフォローしてくれた人(フォロワー)の中で、もっともフォロワーが多いアカウント
ツイート】

ツイートのインプレッション(表示回数)、エンゲージメント(アクションがあった回数)、エンゲージメント率(アクションがあった率)が見られるページです。
過去7日間、28日間、月ごとなど期間を指定して数値を見たり、データをエクスポートすることができます。

Twitterのツイートアクティビティ画面

各項目名がさすのは、次の意味になります。

ツイート各ツイートのインプレッション、エンゲージメント、エンゲージメント率
トップツイートインプレッションが高いツイート
ツイートと返信各ツイートと返信(リプライ)のインプレッション、エンゲージメント、エンゲージメント率
プロモーションTwitter広告に登録している場合の機能
インプレッションツイートを何回見てもらえたか?の表示回数
エンゲージメントリツイート、いいね、リンクのクリックといったアクションがあった回数
エンゲージメント率リツイート、いいね、リンクのクリックといったアクションがあった率
オーディエンス】

フォロワーのほか、すべてのTwitterユーザーやオーガニックなオーディエンスの興味関心、利用言語、電話会社などが見られます。
Twitter社にて分析されていると思われるデータですが、仕様はあきらかにされていません。

Twitterのオーディエンスインサイト画面

イベント】

Twitter上で話題になっているイベントが確認できるページで、こちらもツイート内容から分析されているデータではないかと思われます。
多く見てもらいたいツイートをする時の参考になりそうです◎

Twitter上のイベント表示画面

詳細】

メニューは、「動画アクティビティ」「アプリマネージャー」「コンバージョントラッキング」とありますが、利用するケースが多いのは「動画アクティビティ」ではないでしょうか。

Twitter動画アクティビティ画面

Twitterに動画を投稿した場合、その再生数が確認できます。

まとめ:ツイートの効果がわかる!

いかがでしたか。Twitterアナリティクスでは、「インプレッション」や「エンゲージメント」など、普段聞きなれない言葉が多く登場するので難しく感じますが、意味を理解できれば、ツイートの効果を細かく知ることができます。
本記事は、Twitterアナリティクスの画面と見比べながら読みすすめていくことで、より理解しやすくなるよう作成しましたので、ぜひご活用ください◎


その他の関連記事