ホームページ作成「グーペ」 トップ » ホームページ作成お役立ち記事» グーペのこと» 【グーペスタッフインタビュー】ディレクターってどんな仕事?

【グーペスタッフインタビュー】ディレクターってどんな仕事?

自己紹介の際に「ディレクターの…」と言うと、「ディレクターってどんな仕事ですか?」「TV業界の方ですか?」などと聞かれることがあります。

そこで今回は、ホームページ作成サービス「グーペ」のディレクターどんな仕事をしているの? をインタビューしてみました。
先日、開催された 「ホームページ開設セミナー」の裏側 にもせまります。


ディレクターとは?

ディレクターは、同じ会社でも担当している業務は異なることが多い職種です。
ディレクターが5人いた場合の例を見ると、わかりやすいでしょうか。

  • Aさん : コミュニティ担当(本記事でご紹介します)
  • Bさん : 機能の開発、改善担当 / スケジュール調整、効果計測など
  • Cさん : マーケティング担当 / 市場調査、競合調査など
  • Dさん : 広告担当
  • Eさん : オウンドメディア担当 / 記事の作成

ちなみに「グーペ」では、このようには分かれておらず、A・B・C担当というように兼任しています。

今回紹介するディレクター

本記事では、コミュニティ担当(A)を紹介します。
主に「グーペ」に関わる『人』と直接お会いすることで「グーペ」を広めるお手伝いをしているディレクターです。
グーペに関わる人 とは ユーザーさまはもちろん、取次店・公認アドバイザー・アフィリエイターと幅広いです。

▼「グーペ」ディレクターの高橋

グーペディレクター

ちなみに、機能開発・改善(B)もマーケティング(C)も時にはメディア記事作成(E)も兼任しています…!

どんなことをしているの?

具体的にどんなことをしているの?ということで、コミュニティ(A)の主な仕事をピックアップしてみました。

  • ホームページ関連セミナーの準備と開催
  • グーペユーザーさまに直接お会いしてのインタビュー
  • インタビューをもとにした 事例紹介 の作成
  • グーペ公認アドバイザーさまのフォローアップ
  • 取次店さまやアフィリエイターさまから寄せられたお問合せの対応
  • TwitterやInstagram、Facebookページの更新

このように、セミナー以外にも様々な対応を行なっています。
「グーペ」に関わる『人』と直接お会いする仕事のイメージがつかめたのではないでしょうか。

ちょうど先日も「グーペ」をご利用のイラストレーターさんの展示が開催されていることを知り、作品を見に飛んでいきました。

▼そのときのツイート


それにしても、世界観あふれるすてきなイラスト…!
ぜひホームページも覗いてみてください。
▶︎イラストレーターkameさんのホームページ

続いては、ディレクターに直接せまってみたいと思います。

ディレクターインタビュー

実際に働く、「グーペ」のディレクターにインタビューしてみました。

— まずは、自己紹介をお願いします。

グーペディレクターの高橋高橋です。2008年にペパボに入社して今年で10年になります。
あだ名はヤングですがおじさんです。ビールと音楽と旅行が好きです。

— 名刺にも「ビール好き」って書いてあって、びっくりしました。

グーペディレクターの高橋「ビール」というワードがきっかけで、初対面の方とも会話がはずむんですよね。

— コミュ二ティ担当の努力が伝わってきますね。普段は、どんな仕事をしてるのですか。

グーペディレクターの高橋セミナーを開催したり、ユーザーインタビューをしたり、直接「グーペ」のユーザーさまとお会いしてサービスを繋げていく活動をしています。
インターネットの会社ですが、インターネットぽくないことをやっている感じですね。

— コミュニティディレクターは、おひとりですか。

グーペディレクターの高橋担当としてはひとりですが、セミナーの会場づくりやユーザー取材の写真撮影などは、他のスタッフの力も借りつつ活動しています。
それ以外でも「グーペ」のディレクターは複数の業務を兼任することが多いんですよね。僕も、お役立ち記事書いたりしてますし。

— ひとつのセミナーを実施するまでに、どれくらいかかるのですか。

グーペディレクターの高橋だいたい1ヶ月くらいかかりますね。
その期間に、コンセプトやターゲット決めから、資料作り、会場押さえ、スタッフのアサインなどを行っています。

▼minneアトリエでの打ち合わせの様子

グーペディレクター

— セミナーの内容はどんな風に考えてるのですか。

グーペディレクターの高橋以前のセミナーでいただいたアンケートや、よく寄せられるお問い合わせをもとに考えています。
「グーペ」に関わっている人の新しい発見を生み出す機会を作るぞ!という気持ちで取り組んでいます。

— まさに、みなさんが「知りたいこと」から考えてるんですね。

グーペディレクターの高橋あたりまえのことなんですが、インターネットの先にはリアルなユーザーさまがいます。
そんなユーザーさまと直接話しができるのは非常に貴重な体験であり、サービス改善のヒントもたくさんいただけます。寄せられた声を元にサービスの価値をより高めて、「グーペ」をより気持ちよくご利用いただけたらと思いますね。

— もうひとつのコミュニティ業務「ユーザーインタビュー」は、セミナーとはまた違う視点が必要になりそうですね。

グーペディレクターの高橋そうですね。ユーザーインタビューは様々なストーリーを聞けるので、自分の知らない世界を知ることができる喜びがあるんですよね。
「グーペ」ユーザーはほんとうに素敵な人ばかりなので、全国の人に知ってもらいたいという気持ちが強くなります。

— 他のスタッフから、「インタビュー同行したい」という声があがったこともありましたね。様々な業務を担当する中で、ディレクターとしてのテーマや目標みたいなものはありますか。

グーペディレクターの高橋サービスとユーザーさまの間に入ってコミュニケーションを取ることで、「グーペ」をより身近に感じてもらい、親密度を高められるような活動をしていきたいです。
ホームページを作成したいという相談を受けたら、必ずしも「グーペ」をお勧めするようなことはしたくなくて、その方のニーズに合わないのであれば他サービスを教えるような立場でありたいです。

— 確かに、他サービスを教えてくれたら信頼度が高まるかも…。ここで、あえて「グーペ」の目標を聞いてみてもいいですか。

グーペディレクターの高橋そうですね。まずは「グーペ」を安心して使っていただけるように頑張りたいです。
それはサービスに関する疑問点を解決することだったり、「グーペ」の運営者はどんな人なのか?っていうのがちゃんと目に見える形であったり、困ったことがあったら「グーペ」の人に聞けば大丈夫って思ってもらったり、などなど価格や機能以外の部分でもっと価値を感じてもらえるようにしたいです。

— なるほど。仕事内容の紹介にとどまらない話が、たくさん聞けました。

グーペディレクターの高橋「グーペ」のみでなくホームページ作成サービス全体を盛り上げていきたいですね。
一緒に盛り上げていきましょう。

メディア担当ディレクターの編集後期

いかがでしたか。本記事は、メディア記事作成(E)を担当するディレクターが作成しました。
最近では、ディレクター向けの勉強会やイベントなども多く開催され、各社のディレクターが集いますが、業務内容を伺うと同じ職種でも会社によって様々だなあと感じます。
本記事を読んでいる方の中に「ディレクター」を目指している方がいましたら、中でもどんな業務に興味があるのか?どんなディレクターになりたいのか?を探しておくとよさそうです。

なお、今回紹介したディレクターは、今後のセミナーなどでみなさまとお会いできるかもしれません。
ぜひ気軽に声をかけてみてくださいね。

ホームページ作成サービス「グーペ」を知りたい方、つかってみたい方はこちらからどうぞ。


その他の関連記事