ホームページ作成「グーペ」 トップ » ホームページ作成お役立ち記事» SNS»LINE» LINE@とは?「LINEとLINE@の違い」を徹底解説!
  • カテゴリー: SNSLINE
  • 2017年8月21日 月曜日

LINE@とは?「LINEとLINE@の違い」を徹底解説!

お店や企業のホームページで、このようなボタンを見かけることはないでしょうか。

友だち追加ボタン

こちらは「LINE@」または「LINE公式」アカウントを友だちに追加できる「友だち追加」ボタンです。
では、「LINEで送る」ボタンを設置する2つの方法でご説明したこのボタンは…?

LINEで送るボタン

こちらは「LINE」アカウントで情報をシェアできる「LINEで送る」ボタンです。

つまり「LINE」「LINE@」「LINE公式」アカウントは、それぞれ異なるものとなります。
このうち「LINE公式アカウント」については、公式ページで料金等の記載がないため、本記事では「LINE」と「LINE@」の違いについてご説明します。

LINE』は使い慣れている方も多いかと思いますが、『LINE@』は「一般アカウント」と「認証アカウント」があり、『認証アカウント』には「フリー」「ベーシック」「プロ」といったプランがあります。こんがらがりそう…という方も一緒に見ていきましょう!


LINEとLINE@の違い

LINE」と「LINE@」の用途や送信相手など、主な違いを比較してみました。
LINE@」では、メッセージや画像のほか、クーポンなどを送ることができます。お店や会社、イラストレーターやミュージシャン、ハンドメイド作家さんなど情報発信を行う目的で使用したいという場合には「LINE@」が適しています。

  LINE
サービスページ
LINE@
サービスページ
用途 連絡、コミュニケーション 情報発信、ビジネス
相手 友達、家族 お客様、ファン
アプリ

LINE@とは?

続いて「LINE@」について見ていきましょう。
LINE@』は「一般アカウント」と「認証アカウント」があり、『認証アカウント』には「フリー」「ベーシック」「プロ」といったプランがあります。
入れ子にして記載してみると、イメージしやすいでしょう。

・一般アカウント
・認証アカウント
  ・フリー
  ・ベーシック
  ・プロ

この「一般アカウント」と「認証アカウント」の違い、「フリー」「ベーシック」「プロ」プランの違いについて、詳しくご説明していきます。

LINE@の一般アカウントと認証アカウントの違い

表のとおり、「一般アカウント」は誰でも取得可能なものとなります。
「認証済みアカウント」は対象となる業種が決められていますので、あらかじめ公式ページを確認しておくとよいでしょう。

  一般アカウント 認証アカウント
審査 LINE未審査 LINE審査に合格
取得対象 法人・個人、誰でも取得可 取扱商品によって審査が通らない
※対象となる業種はこちら
検索 LINEアプリ内の検索結果に表示されない LINEアプリ内で検索できる
アイコン 一般アカウントを示すグレーのアイコン 認証済みを示すネイビーのアイコン

LINE@認証アカウントのプランの違い

プランによる機能の違いは、LINE公式ページのプラン別内容比較がわかりやすいです。下記の表では、主な違いをピックアップしました。
2017年5月時点のLINE公式ページでは「フリー」から「ベーシック」または「プロ」への切り替えはできるようですが、「プロ」から「ベーシック」へのダウングレードは行えないと記載があります。

友だち数やメッセージの配信数に違いがあるので、最初は「フリー」や「ベーシック」からはじめて、友だち数やメッセージの配信数が増えてきたら「フリーからベーシック」「ベーシックからプロ」を検討するのがよさそうです。

  フリー ベーシック プロ
月額(税込) 0円 5,400円 21,600円
メッセージ配信可能数 有効友だち数×吹き出し数1,000通まで 有効友だち数5,000人以内は無制限 有効友だち数100,000人以内は無制限
主な機能 ・リッチメッセージを送れる ・リッチメッセージを送れる
・性別、年齢、地域などの属性別に分けてメッセージを配信できる

※リッチメッセージとは?こちら

ホームページでのLINE@の活用方法

LINE@」アカウントを作成したら、多くの人へ情報を届けるために友だち数を増やしていく必要があります。
ホームページを運営している場合には、以下のページを用意するとよさそうです。

  • インフォメーションページなどで「LINE@」アカウントがあることをお知らせする
  • LINE@」の友だち追加ボタンを設置する
  • LINE@」アカウントでどのような情報が配信されているかお知らせする(クーポンやセール情報など、お得な情報が配信されていることをお知らせする)

いかがでしたか。Twitter、Facebook、Instagramに続いて、目にすることが増えてきた「LINE@」ですが、「LINE@アカウント」を作成したいけど、違いがよくわからないという方の参考になるとうれしいです。
※こちらは2017/08時点の情報です。最新の情報はLINE公式のアナウンスをご確認ください。


その他の関連記事