ホームページ作成「グーペ」 トップ » ホームページ作成お役立ち記事» ホームページ作成» 【失敗しない!ドメイン選び】オリジナルのURLでアピールしよう!初心者のため...

【失敗しない!ドメイン選び】オリジナルのURLでアピールしよう!初心者のためのURL(ドメイン)講座

ホームページが完成したら、たくさんの方に見てほしい!
ホームページの存在を知ってもらうにはどうしたらいいんだろう?
と、ホームページを作成するにつれ新たな目的や悩みが生まれてくるのではないでしょうか。

完成したホームページを見てもらうには、まずはURLをお知らせする必要がありますが、どのようなURLになっているかは、ホームページの認知度を高めるのに重要なポイントとなります。

今回は、このURLに焦点をあててご説明していきます。「URLって何?」という方や「独自ドメインってよく聞くけど、URLとどう違うの?」という方は必見です!

最終更新日:2018/01/17


URLとは?

URLは、<http://><https://>からはじまるアドレスのこと。
※くわしくは、用語集の中でもご説明しています♪

グーペ」の場合、作成したホームページは次のようなURLで公開されます。

http://r.goope.jp/***(アカウント)

「***」部分は、ご希望の文字列を登録することができます(希望の文字列が他の人に取得されている可能性もあるので、ご注意ください)。 サーバーをレンタルしたりブログを開設するなど、ウェブサービスを使って自分のページを持つ場合も提供元会社が発行するURL+希望した文字列なることがほとんどかと思います。

「グーペ」を使っている場合は上記のタイプの他に、ドメイン取得サービスで http://***.com http://***.jp のような 独自ドメインを取得して、ホームページに設定することも可能です。

独自ドメインとは何かを、さらに詳しくご説明いたします。

独自ドメインとは?

「グーペ」なら https://goope.jp 、「グーペ」の運営会社であるGMOペパボ株式会社のサイトは https://pepabo.com/ といったように、わかりやすいURLになっています。この任意で取得したわかりやすいURLを独自ドメインと呼びます。

たとえば牛肉店のホームページをグーペで作るとしましょう。自分で設定できる文字列を「beef-shop」とした場合でも、「http://r.goope.jp/beef-shop」となります。しかし、独自ドメインを取得・設定して「http://beef-shop.com」としたらどうでしょうか?後者の方がシンプルどんなホームページかわかりやすいURLですよね。

http://○○○.△△△

  • 「○○○」部分は、ご希望の文字列を選ぶことができます
  • 「△△△」部分は、.com や .net など決まった形式の中からお好みのものを選ぶことができます

独自ドメインを取得する方法

独自ドメインを取得する方法はいくつかありますが、独自ドメインを取得・管理できるウェブサービスを利用する方法が主流です。取得する場合は、利用料金が発生しますのでご注意ください。また金額については上記でいう「△△△」部分( .com や .net など)によって異なる場合もあります。

また独自ドメイン取得サービスを利用せず、ホームページ作成サービスやブログサービス側で取得できる場合もあります。グーペでは独自ドメインの取得・設定がかんたんにできる「独自ドメインオプション」もご用意しております。

 ▽詳細はこちら
  【人が集まるサイトの常識!?】独自ドメインを取得する2つの方法

続いては、この独自ドメインを設定するメリット失敗しない!ドメイン選びについてご紹介します!

独自ドメインを設定するメリット

■ 検索結果や訪問数への影響
ドメインは、よく「インターネット上の住所」と例えられます。テーマに合ったもの、わかりやすいものなど、ホームページのイメージが伝わるドメインかどうかは、検索結果や訪問数に影響を与えます。

たとえば、豚肉店のホームページをつくった時に、ドメインが

http://beef-shop.**

だったら…?
豚肉店を経営するあなたの名刺に

http://beef-shop.**

と書いてあったら…?
あれ、牛肉店なの?ってなりますよね。

豚肉店を探して検索した時に、仮に検索結果に表示されたとしても、牛肉店だと思われてクリックされない(ホームページにたどり着けない)といったこともおこりそうです。
ドメインが http://pork-shop.** となっていると、豚肉店のホームページであることが想像でき、検索エンジンでpork(豚肉)を探している人がホームページにたどり着いてくれる確率が高くなるわけです。

■ 信頼度アップ
会社やお店などのホームページの場合、独自ドメインが設定されていることは信頼度のアップにつながります。ホームページに設定した独自ドメインでメールアドレスを作成する場合、次のどちらが信頼できるでしょうか。

info@beef-shop.**

beef-shop@フリーメール

フリーメールは誰でも簡単に取得できるメールアドレスですが、これが会社やお店のお問い合わせメールアドレスだったら…?

失敗しない!ドメイン選び

前述した「ホームページのイメージが伝わるかどうか」のほかにも、ドメインを選ぶ際に考慮するとよい点がいくつかあります。

■ 短い・覚えやすいドメインか
一般的に、短い・覚えやすいドメインがよいと言われています。長いドメインは、閲覧しようとした人が覚えられない、入力し間違うなどホームページにたどり着けないケースにつながります。

■ どのドメインを選ぶか
日本を意味する「.jp」、東京を意味する「.tokyo」、主に企業が使用している「.co.jp」などドメインにはたくさんの種類があります。
どのドメインを選ぶかは自由ですが、北海道にあるお店のホームページが「.tokyo」だったら…?
閲覧する人、検索する人が混乱しないドメインを選ぶこともポイントのひとつです。

このように、ホームページ運営においてドメインはとても重要です。たくさんの人に見てもらえるドメイン、魅力が伝わるドメインを探してみてはいかがでしょうか。

その他の関連記事