• カテゴリー: SEO対策
  • 2018年3月12日 月曜日

「グーペ」で設定できるSEOのすべて

よく耳にするSEOというワード。
SEOを行うと何がいいのか?ご存じでしょうか。
最終更新日:2019/03/29

▼SEOとは
検索結果ページで情報が適切に表示されるように最適化を行い、ホームページの上位表示を目指す設定です。

「検索結果ページで情報が適切に表示される」というのはこちらの表示のこと。
なんとなくイメージがついたでしょうか。

Googleの検索結果

SEOを行うことで次のようなメリットがあります。

  • 検索結果に正しい情報が表示されることで、検索した人がホームページを見つけやすくなる
  • きちんと対策を行うことで、検索結果の上位表示を目指せる
  • ホームページのアクセス数アップにつながる

SEOについてイメージができたところで、グーペでどんなSEOができるのかについてご説明します。


グーペの管理画面では、SEOがかんたんなステップで完了するページをご用意しているので、何をすべきか?がわかりやすくなっていますよ。

グーペのSEOかんたん設定

グーペでどんなSEOができるのか(一覧)

1.グーペで設定できるSEO

グーペの管理画面>SEOかんたん設定>metaタグを設定する」 から行える設定です

・トップページ/フリーページのタイトル(title属性)設定
 検索結果ページに表示される時のタイトルになります

・トップページ/フリーページの説明文(description属性)設定
 検索結果ページに表示される時の説明文になります

・Google検索での表示イメージ確認
 Googleの検索結果にどのように表示されるか確認できます

【参考記事】
ホームページを作成したらまず始めに行いたいSEO3つ
効果的な「title」「meta description」の書き方


グーペの管理画面>SEOかんたん設定」 から行える設定です

・Google Search Consoleに登録
 Google Search Consoleに登録しXMLサイトマップを送信できます


グーペの管理画面>基本設定」 から行える設定です

・ホームページの公開設定
 Googleなどの検索サイトにインデックスするには、ホームページを「公開」にする必要があります。


2.グーペの管理画面から誘導しているSEOツール

・Google Search Console(サーチコンソール)
 Googleが提供している、Googleの検索結果を監視・管理するツールです

・Google マイビジネス
 Googleが提供しているWeb集客ツールです

【参考記事】
【保存版】Search Consoleでできること(設定編)
集客するならGoogleマイビジネス!Googleマップや検索結果にお店の情報をのせる方法


3.そのほかのSEOツール

・Google アナリティクス
 Googleが提供しているアクセス解析ツールで、Google アナリティクスから提供されるコードをグーペの管理画面に設定いただくものになります

【参考記事】
Google Analyticsの使い方(設定編)


グーペでどんなSEOができるのか、よりくわしく知りたいという方は、次をご覧ください◎

グーペでどんなSEOができるのか(くわしい解説あり)

1.グーペで設定できるSEO

グーペの管理画面>SEOかんたん設定>metaタグを設定する」 から行える設定です

・トップページ/フリーページのタイトル(title属性)設定
・トップページ/フリーページの説明文(description属性)設定
・Google検索表示イメージ確認


トップページ/フリーページのタイトル(title属性)設定
設定した内容は、検索結果ページで次のように表示されます。トップページだけでも行なっておくとよいでしょう。

Google検索結果のtitle

トップページ/フリーページの説明文(description属性)設定
設定した内容は、検索結果ページで次のように表示されます。トップページだけでも行なっておくとよいでしょう。

Google検索結果のdescription

Google検索での表示イメージ確認
設定したタイトル(title属性)や説明文(description属性)が、Googleの検索結果にどのように表示されるか確認できます。入力内容を変更すると、「Google検索での表示イメージ」も自動で変わります。

検索結果での表示イメージ確認

グーペの管理画面>SEOかんたん設定」 から行える設定です

・Google Search Consoleの登録
・XMLサイトマップのURL送信


Google Search Consoleの登録
Google Search Consoleにかんたんに登録できます。
※登録するホームページの所有者確認が必要になります。

XMLサイトマップのURL送信
Google Search ConsoleにXMLサイトマップのURLを送信できます。
こちらは、Googlebotと呼ばれるクローラーの巡回を促すものとなります。

グーペ管理画面のSearchConsole登録画面

グーペの管理画面>基本設定」 から行える設定です

・ホームページの公開設定
・XMLサイトマップURL確認


ホームページの公開設定
Googleなどの検索サイトにインデックスするには、ホームページを「公開」にする必要があります。

グーペ管理画面のホームページの公開設定

XMLサイトマップURL確認
Google Search Consoleに登録するXMLサイトマップURLを確認できます。

2.グーペの管理画面から誘導しているSEOツール

・Google Search Console
・Google マイビジネス


Google Search Console
Googleが提供している、Googleの検索結果を監視・管理するツールです。
Search Consoleを使うと、主に次のようなことができます。(まだまだたくさんの機能があります)

・ホームページにどんな検索ワードで訪れているか
・サイトマップの追加
・URL検査>インデックス登録をリクエスト(旧Fetch as Google)で更新したページを送信する
  ・Googleに、新しく公開したページなどのインデックスを依頼する

Google マイビジネス
Googleが提供しているWeb集客ツールで、現在のところ、お店や企業向けとなっています。
Google マイビジネスを使うと、次のようなことができます。(まだまだたくさんの機能があります)

・Googleの検索結果に次の情報を表示できる
  ・営業時間
  ・電話番号
  ・店内写真
  ・地図

3.そのほかのSEOツール

・Google アナリティクス


Google アナリティクス
Googleが提供しているアクセス解析ツールで、Google アナリティクスから提供されるコードを、グーペの管理画面に設定いただくものになります。
Google アナリティクスを使うと、主に次のような数値が確認できます。(まだまだたくさんの機能があります)

・ホームページのPV数、セッション数
・閲覧者はどこからホームページにたどり着いているか
・ホームページの訪れた人の滞在時間、最後に閲覧したページ
・リンクやボタンのクリック数

まとめ:グーペのSEO

いかがでしたか。このほか、グーペでは毎日、グーペアカウントのサイトマップファイルを最新にし、みなさんのホームページがより速く検索結果に表示されるような対応も行なっています。

▶︎グーペがSEOに強い理由は、サービスサイトの上部メニュー「グーペサービスサイト>サービス>SEO」でご案内しています。

今後もSEOに関する記事をご用意していますので、みなさんのホームページ運営にぜひお役立てください◎

【グーペのSEO機能を使ってみたい方はこちらから】


▼SEO関連の記事

title、descriptionについて
 ・ ホームページを作成したらまず始めに行いたいSEO3つ
 ・ 【基本のSEO】効果的な「title」「meta description」の書き方
Google Search Consoleについて
 ・ 【保存版】Search Consoleでできること(設定編)
 ・ 【読めば解決!】ホームページがどんなキーワードで検索されているかを知る方法
 ・ SEOのひとつ!【Search Console】でバックリンクを確認・否認する方法
 ・ URL検査(旧Fetch as Google)を使いこなそう!公開したページをすぐに検索結果にのせる方法
Google マイビジネスについて
 ・ 集客するならGoogleマイビジネス!Googleマップや検索結果にお店の情報をのせる方法
Google アナリティクスについて
 ・ 【保存版】Google Analyticsの使い方(設定編)
 ・ 【保存版】Google Analyticsの使い方(PV・セッション編)
 ・ どこからのアクセスが多い?Google Analyticsの「参照元」の見方


その他の関連記事