お知らせ

グーペに関するいろいろな情報をお伝えします。

PHP7.1.1に対応し、お客さまのホームページ表示がより快適になりました!
平素はグーペをご利用いただき、誠にありがとうございます。
 
グーペではシステムを提供する裏側のプログラミング言語としてPHPを使用しています。本日、PHPのバージョンアップを実施いたしました。
 
その結果、お客さまのホームページ表示速度が大きく改善されましたので、ご報告をいたします。
 
【経緯】
作成したホームページをより多くの方に閲覧してもらうためには、表示速度が重要な要素となります。ホームページの読み込み時間が長いと、41%の訪問者がそのホームページを見ること自体をやめてしまうという調査結果もあります(※)。また表示速度が速いほど、ユーザーが求める情報に辿り着く時間が短縮され、表示を待つ時間に発生するストレスを軽減し、より良い顧客体験を提供することにもつながります。そこで、グーペで作成されたホームページの表示速度を高速化するため、PHP7.1.1に対応いたしました。
 
【結果】
・レスポンスタイム(サーバーにリクエストを送ったあと反応が返ってくる時間)が4分の1に
 →ホームページの表示が速くなります!
・CPUの使用率が2分の1に
・秒間リクエスト処理数が1.6倍に
 →たくさんアクセスが来てもつながりにくことが少なくなりました!
 
多くのかたに影響があるのは、「ホームページの表示速度」の改善ではないかと思います。表示速度にはレスポンスタイムが大きく関係しており、体感でも速くなったと感じられるほどになりました。
 
【今後】
お客様の利便性向上を目指して、2017年3月末までに管理者ページのPHP7.1.1対応を予定しております。表示速度の向上により、ホームページの更新作業やお問い合わせ対応などをスムーズに行えるようになります。今後のPHPのバージョンアップも継続的に行ってまいります。
 
さらに、いつでもどこでも簡単にホームページを管理できるよう、管理者ページのレスポンシブ化も進めてまいります。快適で安全なサービスの提供はもちろん、利便性向上のための機能追加など、さまざまな取り組みを行ってまいります。
 
ご意見・ご要望がございましたらお気軽にお問い合わせページよりお寄せください。
 
▼グーペお問い合わせページ
https://goope.jp/support/inquiry

今後もグーペをよろしくお願いいたします。


本件のプレスリリース:https://pepabo.com/news/press/201701301300